Kyousakusyou

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症が改善したら
あなたはまず何をしますか?

「数分歩いていてつらくて休むとまた歩ける...」
「座っていてお尻が痛い、痺れる...」


このような症状は脊柱管狭窄症の症状です。


脊柱管狭窄症は、脊柱と言われる背骨の管が狭くなり神経を圧迫してしまうことで痛みやしびれを生じてしまう症状です。


現代では女性も男性も多い疾患になります。


一般的には手術を勧められる方が多いですが、実際は手術をしなくても整体施術だけで症状を感じなくなる方も多いというのが実情です。


詳しく知りたい方は続きをご覧ください。
  • 脊柱管狭窄症の原因

    脊柱管狭窄症は、脊柱管と呼ばれるトンネルの中を通る坐骨神経が圧迫されることによって痛みやしびれが生じます。



    特徴的なものは、間欠性破行といい「自転車は大丈夫だけど、長く歩けない」や「前かがみの姿勢で休憩すると、また歩けるようになる」といった歩行のことです。



    原因は様々ですが、筋肉の硬さや関節のゆがみ、椎間板ヘルニア腰椎すべり症靴のサイズが合っていないなどが挙げられます。
  • 手術をしても狭窄症が改善しない理由とは?

    よく整体院で先生が言うこととして「脊柱管狭窄症は手術しなくてもよくなりますよ」「手術して良くなった人は少ない」と言う先生がいます。



    認識の違いが起きるとお客様に不利益なので、これについては正直にお伝えします。

    当院で行なっている足病学という学問では、手術は否定されていません。



    例えば、
    馬尾障害と呼ばれる排泄、排便の感覚が無いという感覚がある場合には早期に手術を行いリハビリが推奨されます。



    このような症状は手術までの時間が長くなればなるほど回復までの期間が長くなったり、後遺症が残る可能性も高くなってしまいます。


    手術をしても良くならない理由としては、背骨の管が狭くなる原因を治療できていないからです。


    例えば、股関節や足首がゆがんでいると、可動性の高い背骨でその分の負荷を負ってしまいます。


    そうすることで、背骨の変形につながってしまうのです。
  • 当院での改善方法

    初めにお客様の症状や生活習慣などを踏まえてカウンセリングし、脊柱管狭窄症の原因を特定します。



    その後、原因に対処する最適な施術を行うことで症状の改善を目指します。


    施術は、足首などを中心に、筋肉や関節のバランスを整える整体や、脊柱管を圧迫している筋肉の緩和を促す施術、更には一人ひとりに合った運動療法などを行います。


    また、自宅で行えるストレッチやセルフケアの指導も行い、お客様が日常生活で症状の再発を予防できるようサポートしています。


    治療やセルフケアは、全てその方の体のレベルに合ったものを選んで行いますのでご安心ください。


    更に、カウンセリングに関しては完全にプライベートな空間となっていますので、相談しやすい環境づくりにも力を入れております。


    一度当院をご利用して効果を実感してみてはいかがでしょうか?
RELATED POSTS

関連ページ