Zakotsu

坐骨神経痛

腰部や下肢の
痛み・しびれの悩みに対応

「お尻から足にかけて痛みや痺れがある...」
「座っていてお尻が痛い、痺れる...」


このような症状は典型的な坐骨神経痛の症状です。



坐骨神経痛は、小指ほどの太さの神経が筋肉によって圧迫されることで腰や下半身に生じる、痛み・しびれの総称です。


細かな原因や症状はお客様一人ひとり異なるため、オーダーメイドの施術を大切にしております。


詳しく知りたい方は続きをご覧ください。
  • 坐骨神経痛の原因

    坐骨神経は、体の中で1番太い神経です。
    そしてお尻の深いところには「梨状筋」という筋肉があります。
    その筋肉が坐骨神経を圧迫してしまい、痛みや痺れが出てしまうのです。


    今のは一例となりますが、他にも理由は様々ありますがそれ以外の原因は実際にお体を見て詳しく説明していきます。


    坐骨神経痛の共通している特徴は、「お尻から足にかけてのしびれや痛み」です。

  • 腰部の施術をしても坐骨神経痛が改善しない理由とは?


    こちらの画像のように坐骨神経(黄色で記載)は梨状筋(赤色で記載)のすぐ下を通っています。


    この梨状筋の役割は股関節を安定させることです。


    坐骨神経痛がある人のほとんどが、お尻の筋力(特に大臀筋)が弱くなっている傾向にあります。


    それにより梨状筋が硬くなって坐骨神経を圧迫することで症状が出ています。


    しかし一般的な治療院では、この大臀筋や梨状筋に対してのアプローチはマッサージしか行われません。



    このページをご覧いただいているあなたも「テニスボールでお尻の筋肉ほぐしてくださいね」と言われたことや、YouTubeなどで見たことはありませんか?



    残念ながら、弱くなった筋肉はマッサージで改善することは不可能です。


    一時的には痛みやしびれが改善するかもしれません。



    ですが、しっかりと上記の筋肉に対して手技と運動療法を行わなければ、坐骨神経痛の根本改善は期待できないでしょう。
  • 当院での改善方法

    初めにお客様の症状や生活習慣などをカウンセリングし、坐骨神経痛の原因を特定します。その後、原因に対処する最適な施術を行うことで症状の改善を目指します。


    施術は、筋肉や関節のバランスを整える整体は当然のこと、坐骨神経に対して神経の促通を促すCiel独自の施術で、更には一人ひとりに合った運動療法などを行います。


    また、自宅で行えるストレッチやセルフケアの指導も行い、お客様が日常生活で症状の再発を予防できるようサポートしています。


    治療やセルフケアは、全てアメリカなどで正式に行われている「足病学」をもとにして組み立てていきますのでご安心ください。


    さらに、当院は完全プライベートな空間となっていますので誰にも言いづらいようなお悩みでも他人に聞かれる事がなく相談可能となっています。


    ぜひ一度、当院へご連絡ください。

RELATED POSTS

関連ページ